そうだ、がもう四丁目歯科に行こう!大阪市城東区蒲生四丁目の、予防を中心とした新しいタイプの歯科医院です。審美歯科、ホワイトニングにも力をいれています。

大阪市城東区の歯医者なら

医療法人がもう四丁目歯科

〒536-0004 大阪府大阪市城東区今福西1丁目7-4

診察時間:9:30-13:30/15:00-20:00
土日9:00-14:00のみ
火・祝休診 ※祝日がある週は火曜も診療

アクセス: 蒲生4丁目駅3番出口徒歩10秒

お問合せ・ご予約はこちら

06-6180-9991

土日・夜間も診療します

美しさと体にいいかみ合わせを求めて…魅力的な笑顔でイメージアップ

審美治療

自費のかぶせ物

最高レベル★★★

美しさNO.1オールセラミック ¥100,000(税別)

・100%セラミック

天然歯と区別がつかないほどの自然な透明感

・変色しにくい

・歯垢が付きにくい

強度No.1ジルコニアオールセラミック ¥120,000(税別)

・歯軋りやくいしばりが強い人でも割れにくい

・金属より硬いにもかかわらず非常に軽い

・変色しにくい

・歯垢が付きにくい

かみ合わせUPメタルボンド ¥90,000(税別)

・中身が金属で強度が高い

・表面はセラミック使用だから変色しにくい

・精度が高く適合性がいい

・歯垢が付きにくい

美しい  ホワイトクラウン ¥70,000(税別)

・100%セラミック

・変色しにくい

・自然な透明感がある

・歯垢が付きにくい

※色が単色なので色調はオールセラミックに劣る

歯に優しい  ゴールドクラウン ¥90,000(税別)

・しなやかで歯との適合(フィット)が非常に良いので二次的な虫歯になりにくい

・金属なので強度が高い

・錆びにくく金属が溶け出して歯茎が変色する心配ながありません

・歯垢が付きにくい

自費の被せの土台はファイバーポスト

歯の土台は目立たない部分ですが、とても重要な治療です。どのような素材の土台(コア)を使うかによって、その歯に将来起きるかもしれないトラブルの発生率や歯の寿命が変わります。

歯の土台(コア)は、家に例えるならば基礎や柱に当たる部分で、家は基礎や柱がしっかりしていなければどんなに見栄えのよい家でも長持ちしません。

さらに万一の大地震に耐えれてこそ、安心して住めるのではないでしょうか。

建築においては、これまで基礎や柱を硬く丈夫にすることで耐震性を高めてきましたが、最近では力を吸収分散する免震構造により地震から家を守るという新しい方法が取り入れられています。

これは歯の土台(コア)についても同じことが言えます。被せ物がきれいで長持ちするものでも、その下の土台(コア)や歯の根に問題が起きれば、抜歯や歯全体の再治療が必要になります。

 

歯には食事のときや歯ぎしり・食いしばりの時など毎日いろいろな方向から強い力がかかっています。一般的に使用されている金属の土台(メタルコア)は丈夫ですが硬すぎるため、十分な歯質が残っていない歯では強い力がかかった時に歯が割れてしまうことがあります。このような場合、歯の保存が難しい割れ方をすることが多いため、抜歯になる可能性が高くなります。

 

歯質の少ない歯には、硬さやしなり具合が歯と似ているファイバーポストを使用することで、歯が受け止める力を分散して破折などのリスクを減らすことができます。

 

ファイバーポストのメリット

・硬さや弾性が歯とほぼ同じため、歯が割れるリスクが少ない

・強度があり耐久性がある

・金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配がない(メタルフリー)

自費の詰め物

強度No.1ジルコニアインレー ¥55,000(税別)

・歯軋りやくいしばりが強い人でも割れにくい

・金属より硬いにもかかわらず非常に軽い

・変色しにくい

・歯垢が付きにくい

美しさNo.1セラミックインレー \45,000(税別)

・100%セラミック

・天然歯と区別がつかないほどの自然な透明感

・変色しにくい

・歯垢が付きにくい

低価格で白い歯にハイブリッドインレー \35,000(税別)

・白いので見た目がいい

・低価格で白い詰め物にできる

・硬すぎず適度にすり減るので周囲の歯を痛めにくい

※そのため強度が若干劣る

歯に優しいゴールドインレー \40,000(税別)

・しなやかで歯との適合(フィット)が非常に良いので二次的な虫歯になりにくい

・金属なので強度が高い

・錆びにくく金属が溶け出して歯茎が変色する心配ながありません

・歯垢が付きにくい

自費治療と保険治療の違いは素材だけではありません

型とりの材料の違い

通常の保険治療で使用されている型とりの材料は、食品の寒天と同じ海草からできています。寒天素材は体に安心安全な素材ですがその性質上、時間の経過や少しの温度変化により変形しやすく、ちぎれやすいという欠点があります。

また、精度が低いため、詰め物や被せ物に隙間や段差が生じることがあります。その結果、短い期間でまたむし歯になり詰め物が外れてしまったり、歯周病が進行してしまうといったリスクがあるのです。

自費

保険

自費治療の型取りは、ここが違う

自費治療では、シリコン素材を利用した型取りをおこないます。シリコン素材は変形することがほとんどなくちぎれにくい素材です。

 

さらに診療コストと時間に制約がないので、歯肉圧排とい歯と歯茎の間に糸を入れて境界を明瞭にするテクニックを併せて行うことができ、精度の高い型取りが行えます。その結果適合精度が非常に高くなります。

限りなく隙間の無い詰め物や被せ物を作ることができるため、治療の経過がよく、再治療のリスクを抑えることができます。

接着剤にも違いがあります

「詰め物が取れた」「被せ物の中でまた虫歯ができた」そんな経験はありませんか?それは被せ物を歯に装着する際の接着剤の問題であることが多いのです。

 

安心の補償制度付き

当院では、食を通して健康な生活を快適に、長期間に渡って送っていただくのに最適な治療法を選択し、患者様にお勧めしています。

お問合せ・ご予約はこちら

お問合せ・ご予約はこちら

06-6180-9991

診療時間:9:30-13:30/15:00-20:00
※土日は9:00-14:00のみ
火曜・祝日休診。※祝日がある週は火曜も診療)