Pediatriccorrection
小児矯正

  • appapp
  • lineline

小児矯正とは 身体と同様に日々成長する、お子さまの口腔
将来の美しく健全な噛み合わせを育てる
「小児矯正」

小児矯正

小児矯正とは、成長過程にある子どもの間に、顎や歯列のバランスを整える治療です。歯が乳歯から永久歯に生え変わり、顎骨がまだ柔軟な時期に、体の成長を利用して行ないます。
矯正治療はご家庭で専用の装置を使うこともあるため、お子さまだけでなくご家族のサポートが必要になります。

小児矯正のメリット

【メリット01】歯列だけでなく顎や顔のバランスも整う

小児矯正では、顎の成長を適切に促す治療を行ないます。上下の顎のバランスを整えて、正しく噛み合うようにします。顎の成長は顔全体のバランスにも影響するので、小児矯正によって骨格のゆがみが少ない顔つきへと導けます。

【メリット02】虫歯・歯周病の予防になる

ガタガタと乱れた歯並びだと歯と歯の間に食べカスが残りやすく、虫歯や歯周病の危険性が高まります。矯正治療を行なうと歯磨きがしやすくなって、歯列を清潔な状態に保てるようになります。よく噛めると唾液の分泌も良くなります。細菌を原因とする口臭も防げます。

【メリット03】口もとにコンプレックスを抱えずに済む

歯並びが悪いと、口もとの見た目で悩んでしまうことも少なくありません。小さいお子さまの間に矯正治療を行なえば、思春期にコンプレックスを抱えずに済み、成人式や就職活動といった人生の節目を整った歯で迎えられます。
健康的で見た目にも美しい口もとは、お子さまの一生の財産となります。

お子さまの歯の矯正を考えているご家族の方へ

お子さまの歯の矯正を考えているご家族の方へ

歯の矯正は見えている歯の並びだけでなく、顎と顔の骨格にも関わる治療となり、それなりの期間と費用が必要となります。
治療の結果を出すためには、お子さまだけでなく保護者の方のご負担とご協力が何より重要です。
できるだけ負担を軽くしながら、より良い結果に結びつくよう治療に取り組むには、適切な治療方法や開始時期の判断が必要なので、まずは早めにご相談いただければと思います。
長い治療期間をできるだけ効率的にモチベーションを維持したまま乗りきるには、「きれいな歯並びになる!」といった明確な目標設定も大切です。
小児矯正はお子さまの将来の美しく健全な噛み合わせを育てる治療だという意識で、サポートいただければと思います。

Ⅰ期治療とⅡ期治療について

子どもの矯正治療は、Ⅰ期治療とⅡ期治療の2段階で進められます。お子さまの歯列の状態に応じて、ベストタイミングで治療が開始できるよう診断します。矯正治療が必要かどうか迷う軽微な問題でも、お気軽にご相談ください。

Ⅰ期治療

Ⅰ期治療

Ⅰ期治療は、乳歯と永久歯が混在する時期に行なう治療です。奥歯(大臼歯)が永久歯に生え変わるタイミングで開始します。
成長を利用して顎骨の適切な発達を促し、歯列に永久歯が生え揃うためのスペースを十分に確保します。
Ⅰ期治療をすると噛み合わせが改善され、顎だけでなく顔全体のバランスも整ったり、抜歯をともなう矯正治療が不要になったりするというメリットがあります。

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療は、永久歯がすべて生え揃った段階で始めます。
Ⅰ期治療で顎骨のバランスを治療したあとに、歯を正しい位置に誘導します(Ⅰ期治療だけで矯正治療が完了することもあります)。
大人の矯正治療と同じく歯に矯正装置を取りつけ、弱い力をかけて徐々に動かします。歯列が整って、上下の歯がしっかり噛み合うようになったら、Ⅱ期治療は終了です。